Toko Tokoさん家の家計管理 その2

過去の家計管理話
http://ugougostudio.com/diary/arekore/472/

ある日相方がいいました。

「毎月いくらお金が増えてるのかわかんない……」

そんなん私だってわかんねーよ!
そもそもアナタ口座持ちすぎで把握できねーんだよ!
なんで同じ銀行の違う支店3つくらいに口座もってんだよ!

さらにその後は私も今まで使っていた銀行から、
旦那と同じ銀行に乗り換え、
追加で娘の口座も作ったりしてるからもうわけわかんないです。

無理。

とはいえ本当にわからんのも困るのであれこれやり始めました。

手書きに原点回帰

今まではぽちぽちとスマホで、
お買い物をするたびに入力していたのです。

スマホは常に手元にあるし、
使うたびに入力できるのでレシートもあんまりたまらないので便利。

んでもいかんせんよくわかんないのよ……実感がないというか。

もっとこー、手元に現金がいくらあって、今月いくら使ってて、
通販とかでいくらカード使ったのかとか
このへんが把握できないと多分現状の混乱は解消できない予感。

んでもって何かで検索してたときに
たまたま見っけた手書き家計簿に挑戦してみるのでした。

づんの家計簿

づんさんのブログです。最近の記事は「食べ物で変わりました(画像あり)」です。

こちらはインスタあたりではやり始めたという手書き家計簿。

市販の家計簿は正直いらん項目が多すぎたり、
逆に欲しい項目がなかったりというパターンがありがちですが
自分好みにカスタマイズが可能というのが魅力です。

それに初期投資が少なくて済むのもいいよねー。

づんさんはA5のルーズリーフを使っているようですが
私はあんまり小さい字書くのが苦手なのでB5で。

最初に買ったのはB5の方眼ルーズリーフとファイル、
仕切りインデックスのみ。

実際やってみて

実はもうこの家計簿をつけ始めて3か月くらいです。
やってみて感じたメリットデメリットはー。

●メリット
年間特別予算を一覧にするので年間収支がわかりやすい。
一品ごとの単価を記入するので底値把握が容易。

またルーズリーフなので自分の欲しい情報を残して置ける。
例えば光熱費、医療費などなど。

私は年間特別予算の他に、
お祝い記録と医療費記録を残してます。

おこづかいも以前はおこづかい用と家計用の
ふたつのお財布を持ち歩いていましたが、
計上だけ別にすればいいのでいまは一つ。

自分の個人的な買い物をカードでした場合も、
家計簿上で現金移動をしておけば把握できるし、
おこづかいが余るようになったよ……!!

●デメリット
結構面倒……?

面倒なのかもしれないけど、
私でも続くのだからそうでもないのかも……。

お財布のお金と家計簿の残高がぴっちり合うと気持ち良いよネー。

ランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援していただけると励みになります
楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする