急げ、ランドセルだ!

みなのもの大変だ!

役員決めでゴタっている間にも、
2018年度ランドセル商戦は開始されているぞ! 急げー。

ちな役員選出はその後再び一部決め直しになった(死んだ目)。

ランドセル商戦開始は早い

ということでランドセルなのです。

ちなみに娘さんは現在年中、春で年長さんですが、
どーにも上のお子さんを持つ知人に聞いてみたところ、
早いところだとゴールデンウィークにはあれこれ始まるとのこと。

エエエエェーそんな早いんー!?

私がお子様の頃ってどーだったかなぁ、
当時は女の子は問答無用で赤いランドセルだったので、
私が選ぶ余地もなくある日突然我が家に出現していたよーな記憶が。

あとは当時の我が家の財政状況にしては良いモノを買ったらしく、
ことあるごとに

「お前のはいいの買ったから6年乱暴に使っても全然潰れないねー」

とか言われ続けた記憶が。

確かに何故か潰れてるほーがカッコいい流行が一時的にやってきて、
一生懸命潰そうとがんばったけど潰れなかった覚えもある……。

そのため刷り込まれてるのね。
いいランドセルはながもち!

最近のはどこのもそー大差ないんじゃないという意見には綺麗に
聞こえないフリをする所存です。いいんだよ! 親の自己満足なんです!

そもそもランドセル自体がえらい長持ちする
コスパいいアイテムだと思うのね。

なので娘さんの趣味と私の理想が一致すれば、
工房系のランドセルがいいなーなどと考えていたのでした。

多分一致しないのが大問題です。

カタログ受付開始されてますよー

ところで今の私の趣味のため工房系ランドセルに絞ってありますが、
既に下記ではカタログ請求始まってる感じです。

・Liricoランドセル

・中村鞄

ランドセルの中村鞄トップページ。東京で1960年に創業した中村鞄製作所は、熟練職人による手作りランドセルの老舗工房です。毎日背負うランドセルだから、背負い心地や使いやすさ、安全対策にもこだわって、職人さんがひとつひとつ時間をかけて丁寧に仕上げます。「工房直売」安心の6年間完全無料保証の手作りランドセルです。

・土屋鞄

ランドセルづくり53年。熟練の職人が手づくりするランドセルの工房、土屋鞄製造所。 創業当初から変わらぬ思いで、丈夫なつくりと品格のある佇まいを大切に、心に残るランドセルをつくり続けています。

・ランドセル工房生田

本革ランドセルのオーダーは、創業60余年の「ランドセル工房 生田」へ。人気のセレクトオーダーランドセルは全て当工房で一貫生産しています。ランドセル職人が一つ一つ手作りで本革ランドセルをお届けします。

・黒川鞄

創業120年、伝統と信頼の店「黒川鞄」。2019年春ご入学者様向けランドセル発売中。

・大峡製鞄

あとは山本のカタログ受付開始待ちな感じです。

最近のランドセルはフラットファイル対応やらいろいろあるようですが、
とりあえず現物背負わせてみないと決めらんないなー。

個人的にはクリアファイルは入ったほーがいいけど、
フラットファイルはもう
レッスンバッグとかで持ってけばよくね、って思ってます。

娘は多分Lirico欲しがるけど私は土屋推し。

シンプルなやつのほーがなんか賢そうに見える気がするんだ……。
賢いかどうかはともかくとして……。

ランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援していただけると励みになります
楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする