スプレー式のカビとり剤をやめてみる

夏になると風呂掃除にも力が入るってもんです。

それとゆーのも本当なら、お風呂から上がったら風呂掃除してー、
壁とか鏡とか床とか浴槽の水滴を拭き上げてから出たいのです。

でもね、冬は寒いじゃん?
そんなことしてたら凍えるじゃん?

つまり無理ってことです。

基本的に我が家ではカビ防止をかねて、
風呂換気扇は24時間つけっぱなしなのです。

それでも細かなゴムパッキン部分にカビは出てきてしまうのね。
まーしかたないです根がスボラなので。

んで今まではカビ○ラーとか100均で売ってる
スプレー式のカビ取り剤を使っていました。

今日もキッチンペーパーとラップで乾かないよーに
カビ取りに勤しみつつ、ふと思ってしまいました。

無駄じゃねこれ。

カビ取りしたい面積に比べて、
なんでこんなに広範囲にスプレーせんとならんの。

ゴムパッキンのカビ取りたいなら
そこだけピーって塗れればいいじゃないですか。

あとな液ダレしてたまに床に模様つくんのやめろ。

スポンサーリンク

なくなりかけてるときが超ストレス

特にスプレー式ってさ、中身がなくなりかけてる
とプシュプシュしても出ないことあるよね。

超不発するよね。

あとはプシュプシュしてもちゃんと出ないで、
指のほーにダラーってなってくると超ストレスたまる……!

ましては最近ワタクシが熱心にカビとりしたいのは、
水栓のついてる台の下のおくっちょのほーなのです。

キッチンペーパーも細長く切って
一生懸命なくなりかけのスプレーの液垂れと
戦いながらラップしたりしたけど、ぜんっぜんおちねーの。

んで試しに自宅にあった
ジェル式のカビ取り使ってみたんですよ。

ラップもせずにそのままビャーって塗って
そのまま放置したら落ちたんですよ。

カビ取りしないのは細かな部分のみ

私が今まで風呂掃除をしていた中で、
広い面積をカビ取りしなければならないことには
多分一回もありません。

そんならスプレーじゃなくてジェルのが便利だなーという
結論になってしまいました。

スプレーよりもジェルのが小さいので片づけるのも簡単だし、
収納場所確保も容易だしねー。

今はカビ○ラーのジェルタイプのを使ってますが、
これもちょいと垂れてくるので
次はこのあたりを買って試してみようかなーと思いました。

あと今床下収納見たら100均でかった
カビ取りスプレー残ってたわ……これも使ってしまおう。

関係ないですけど先日かったオキシクリーンすごかったです……。
五徳の汚れが今までで一番簡単に落ちた……超オススメよ!

ランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援していただけると励みになります
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

楽天