風呂床の黒ずみ掃除

ある日Toko Tokoさんは思いました。

風呂の床が汚い!!

なんとゆーか脱衣所の電球を
新しいのに変えたらすごい明るくなったんですよ。

良いっちゃー良いんですけど今まで見えなかった、
むしろ見たくなかったものまで見えるようになってしまいました。

でもね掃除してない訳じゃないのよ?
本当よ?

今までの風呂床掃除

今までの風呂床掃除は週1回くらい、
ブラシと風呂用の洗剤でゴリッゴリと磨いておりました。

それとは別に毎日、よほどダルくない日以外には
風呂上りには床の水滴もふき取るようにしています。

それでもねー、すこーしずつなんだか黒くなるのね。

しかも全体的に黒くなるんじゃなくて、
一部がうっすら黒くなってくるので、
皮脂汚れとかなのかなぁ。

なんとゆーか脱衣所のクッションフロアの
黒ずみと同じ感じの汚れなんですわ。

この汚れには以前から気づいてはいたんです。

対策として半年に一回くらいのペースで
風呂用のクレンザーみたいなので磨いてたのですけど、
この度Toko Tokoさんはオキシクリーンを手に入れたのであります。

じゃあさ、やってみよーか。

オキシ漬け。

風呂床をオキシ漬けにするよー

といってもまずは水を溜められるよーに、
排水口にビニール袋を2重にしてかぶせときます。

準備はこれのみ。

床にオキシクリーンを撒いて、
給湯温度を60度にしたお湯を床にぶちまけろ!

ちなみに我が家の風呂と脱衣所の境目はドアをはめる溝と
ゴムのはまった防水目的と思われる
ドア溝よりちょい高いくらいのでっぱりがあるだけです。

なので貯める水の量に注意しないと脱衣所が死ぬ。

これね、うっすら水たまってるんだけど
写真だと見づらいねー。

そんでこのまま3時間ほど放置。

結果

3時間後くらいに排水して
シャワーで床を流したらピカピカになったよ!

オキシクリーンばんざい!

これで半年に一回しか使わない
風呂クレンザーを捨てることができるよ!
あと酸素系漂白剤もオキシあればいらなくない!?

んでもビニール2枚で水溜めが出来るなら、
キッチンでの漬け置きもわざわざ止水用のゴムの
丸いのを買わなくてもなんとかなりそーですな。

次はキッチンシンクで換気扇関連を漬け置きしたい……!

ランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援していただけると励みになります
楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする