踵ガッサガサやねん

冬は靴下はいて生活してるのでバレませんが、
踵がガッサガサです。

以前なんかで、

「裸足生活してると踵の角質が厚くなりやすい」

なんてウソかホントかわからない情報を入手してからというもの、
夏場でも極力靴下をはいて生活してましたが、
全く改善されないのと暑さとで今年は靴下を投げ捨てました。

つまりワタクシの踵の角質は
靴下ごときで改善する類のものではないということか……!

他にも結構じりじりといろんな角質対策を
やってはいたのですが、このたびもっとも原始な方法に
行き着いてしまったので、過去の迷走とともにご紹介です。

保湿、とにかく保湿

むやみやたらとニベアに頼るワタクシがまず頼ったの
はやっぱりニベアでした。

ニベアの万能感はハンパねーな!
まあ根がズボラなのでそんなに大したことはやってません。

風呂あがりにベッタベタとニベアを塗りたくり、
あとは靴下をはいて過ごす。

感想としては、確かにカサカサはしなくなった気がしますが、
既に厚くなった角質がどーにかなるでもないので、
スベスベの皮を被りつつ、
厚い角質を隠し持った踵が誕生したのであります。

角質パック

かつてカサブタをはがしまくって
親に怒られたワタクシとしては避けては通れない道……!

これはどっちかってーと角質ケアよりも、
ホントーにホームページの写真みたいに
ベロンってなるのーわーたのしそーう!

という好奇心を抑えられずに買った……。
実際確かに写真みたいになるよベロンって。

んでもそこに到達するまでに、小さい皮みたいなのが
散乱しまくって部屋汚れるし、
やっぱりものすごく厚くなっちゃった部分の角質はそのまんまだし、
定期的にやるには少々お高いしで結局数回やっただけで終わりました。

その後近所のスーパーで廉価版みたいなのを
見つけてやってみたんだけど、
これもまた良い状態が長く持たないし厚いのはどーもならんしで
確かに安いん(300円くらい)だけどやめちゃったー。

もう物理で行こうぜ物理で

結論:物理攻撃

もうね保湿してもパックでも厚くなっちゃった部分がどーもならんのなら、
そこを削るしかないんじゃない?
という暴力的な結論と相成りました。

つーことで早速アマゾンで評判よさげなのを購入。

お風呂はいったときにゴリゴリやって
ニベアぬってーというケアを始めてみました。

まだ1回しかやってないけど、
まー当然ですが即効性は一番です。

ただ以前もこの手のを使ってたんだけど、
これって長く使ってるとあんま削れなくなってくるよね……私だけ?

それでもまー角質パック買うよりも長期的に見れば
安くあがるのかなーという印象です。

んでもこの「削る」ってのは肌にはよくないんだろーし自己責任な感じで!

そーいえば独身時代はどーしてたんだっけなーと
思い出してみたら、月1くらいで
まつげパーマやらいろいろ通ってたわー。若かったなー。

ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする