ティファールのフライパンをやめた理由

おうちクラスタだとか収納クラスタでは大人気のティファールのフライパン。
我が家ももれなくこやつを使っておりました。

実際使い始めると便利なのはよくわかるのよ。

なにせあの取っ手が取れるのって収納するには確かに便利だし
スッキリ片付くのでステキなのよね。うん。

うちは最初にティファールのセットもらってから、
一番使うフライパン本体を何度か買い替えたりして使っておりましたが、
この度とうとうティファールのフライパンやめました!
やめちゃったのよなんと。

理由:お高い

たまたまうちで使っていたフライパンが、そろそろテフロン加工が
ダメになってきたのか焦げ付くようになってしまい、
通販サイトをつらつらと眺めてみると、
「結構たっかいなー」という印象。

まあ天下のティファールですからね!
いいモノは高い! それはわかるのでも高い!

んでうちが前に買ったのはアマゾンなので履歴を調べてみると、
2013年の3月と2014年の5月に買ってるのね……フライパン。
値段は多分3000円越えくらいのものを、1年ちょいで買い替えという感じ。

これが近くのディスカウントストアならフライパンなんぞ
1000円くらいだし、テフロン加工なんてティファールも1000円モノも
そう耐久度は変わらないのではないかしら……しかも価格が
3分の1なら1年ちょいの間あと2回新品にする余地があるということだし。

確かにやっすいフライパンは取っ手とれないけど、
「取っ手が取れる」ってだけに2000円以上の価値を見出せるかというと
ビッミョーなところだなー。

そもそも取っ手問題は
多少収納を見直せばなんとかなるのではないかしら?

取っ手とれなくても焼ければいいかー

次に買ったのは今までのよりちょいとだけ大きい28センチ。

取っ手も取れないしでっかいので収納には多少苦労していますが、
まあなんとかなっているし、ちゃんとメリットもあったので
そこそこ気に入っています。

ティファールはフライパンが厚く温まるまで時間がかかるので、
私のような短気B型はロクにあったまってないフライパンに
食材を投入する事件が多々あったりしたのですが、
やっすいのは薄いのですぐあったまるよ! 短気でもあんしん!

あとティファール26センチくらいだと家族3人分の
チャーハンとか野菜炒めがしんどかった(量的に)けど、
大きいのにしたら1度で調理できてラクチーン。

中華鍋? ないよ?
だってあれ厚みあるうえにでかいから置き場所が……。

まあ取っ手とれても取れなくても、高くても安くても
どこにメリットを見出すかによって選ぶものも変えるといいねーと思った、
というお話しでした(無理やりまとめた

ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする