クッションフロアの黒ずみ掃除

よく洗面所とかトイレとかに使われている床ありますよねビニールっぽいアレ。

昔はダイニングとかキッチンとかでもよく見ましたけど、
我が家ではトイレと脱衣所の床がこれだったりします。

まあ水跳ねとかあるし、
手入れもさほどの手間はかからないしねー。

あれはどうやらクッションフロアという名称のようです。
クッションフロアね、覚えた。Toko Tokoさん覚えたよ。

ある日Toko Tokoさんはふと気づいた……!

そのクッションフロアなんですが、なんかねなんとなーく
黒ずんでいるような気がするんですよ……。

最初は気のせいかなーって思ってたんですけど、
なんだか一度そんな気がしたら超気になっちゃうよね。

以来なんとなく、ここ黒くなってね?

と首を傾げながら、でもベージュだからよーわからんなーというもやもやを抱えつつ、
なんとなく濡れ雑巾で擦ってみたりしたけどいまいちよく分らない。

ものの試しに雑巾でかなり気合いれてギリギリと一か所だけ
磨き上げてみると明らかに色が違う……結論。汚れてます! 黒ずんでます!

試行錯誤が始まった

最初はね、水で濡らした雑巾でゴリッゴリ磨いていたんだけど、
もう指先に力を入れて一か所を磨いていかないと綺麗にならないの。

やらないとならない面積に比べて
あまりに私が無力なの。あと飽きっぽいの。

こんな調子ではいつまでたっても終わらぬと思い立ち、
綺麗になった線みたいな磨き後(昔の小学校の廊下みたいなの)を眺めながら
他の方法を試す必要性を感じてあれこれ持ち出しチャレンジしてみました。

まずは中性洗剤の出番です。

もうね、どこのキッチンにもあるし手頃で簡単だよね。
中性洗剤を薄めて雑巾濡らしてゴリゴリ拭いてみたけどいまいち。

一生懸命力を入れれば落ちるんですけど、私は力を込めて拭きたくない。
もっとこーササーッと片手間になんとかしたい。

そして登場するのはセスキスプレー。

これガス台回りに異常に効果を発揮するスグレモノ。
油汚れの上に埃が積もっている状態だって、この子がいれば
ササッと簡単に綺麗になるというデキル子です。
ガス台の近くに常に鎮座しています。

けれどクッションフロアの黒ずみの前にはあまりに無力……!

お次はナチュラルクリーニングの最終兵器重曹。

重曹スプレーもあるんですけど、結構目詰まりしやすいので
あんまり我が家では登場しませんが背に腹はかえられません。

スプレーしてゴリゴリしてもダメー。はいダメー。

その他中性洗剤を薄めてスプレーして汚れを浮かそうと
頑張ってみたりしたのですが、
いまいち力を込めて磨かないと落ちない。

メラミンスポンジをお使いなさい(天啓)

もうあれこれやってもダメでこりゃーどうしようかな
ゴリッゴリッ磨くしかないかしらと遠い目をしていたら、
そういえば刺繍の糸管理で使うオーガナイザー作ったときの
残りのメラミンスポンジがぎょーさん余ってることを思い出しました。

スポンジをちょろっとちぎってきて(ここらへんB型)、
水で濡らしてからかるーく絞ったので拭いたんですよ。かるーくね!

なんと驚き。

IMG_20160831_092211

写真なのでビミョーですがわかるかしら……超落ちた!

思わず面白くなって磨き続けたら
こんなにハンパな範囲を掃除してしまった……!

雑巾と違ってほとんど力いらないし、クッションフロアには
メラミンスポンジ超オススメでーす。

ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする